2019年01月09日

老後貧乏に陥る危険性

近年、よくメディアで目にする「老後破産」「老後貧乏」、これらの言葉を見て、現役世代の人はどう思うでしょうか? 

もし、「自分は大丈夫」「なんとかなるだろう」と思っているとしたら、とても危険です。

老後の家計は基本的に「赤字」

1.自由業、農業・漁業等で定年の無い方

  何歳まで働けますか?

  75歳までという方は

  約10年間×(65千円-268千円)=▲2436万円

   65、000円は国民年金満額支給の場合

   268、000円は夫婦二人の月額生活費(慎ましい暮らし)平均


2.平均的なサラリーマン

  定年延長や再雇用で65歳まで働いた方

  約20年間×(220千円-268千円)=▲1152万円

   220、000円は平均的サラリーマンの夫婦二人の年金額


3.生活費以外の必要経費は

  生活費以外にも様々な経費が必要となりますよね!

  その他ゆとりある生活ならびに万が一の際の上乗せ額を考えおきましょう。

  ◆旅行やレジャー、趣味や教養

  ◆耐久消費財(テレビ、冷蔵庫、洗濯、エアコン等々)

  ◆子供や孫への援助(入学、卒業、就職、結婚・・・)

  ◆付き合い(親戚、友人、近所との冠婚葬祭費用)

  ◆住宅の補修(外壁、屋根の補修・塗り替え等々)

注)生活費に関することは当ブログの記事「老後の生活費」を参照してください


甚だお恥ずかしい限りですが、私の金銭的経過を次の図に示してみます。

本タイトルの「老後貧乏」に陥る一歩手前です。

ご参考にしてください。

rich_029.png

私の反省その1

 厚生年金の年間の年金額算出の計算方法

標準報酬月額(見込み)× 5.481 ÷ 1000 × 厚生年金加入月数

であることは承知していました。

したがって、上図のとおり給与収入は世間の皆様より多少多いかな?

年金生活もきっと心配は要らない、大丈夫だと思っていました。

60歳に近いころから、多少本気になり、調べだしたところ、標準報酬月額には62万円という上限額があることを知り、愕然となり、本気で再計算したり、ねんきん定期便を確認し、退職後の資金計画を立てました。

この時点では充分余裕のある資金計画と確信していました。


私の反省その2

 私は退職と同時にギヤを切り替え、天下の素浪人のごとく、質素で慎ましやかに生活をしていましたが、妻は放浪癖というわけではないが、金銭的にはやや緩やかな性格のため、現役時代とさほど変わりない生活ぶりだったと思います。

男がお金のことで、細かいことを言うのも良くはないと思い、生活費は妻に任せっきりにしておりました。

ある時、生活費の預金口座残高をみてびっくりせざるを得ない状況まで、残高が少なくなっていたことです。


しめくくり

 現在、貧困に苦しむ高齢者の方だって好き好んで苦しんでいるわけではありません。きっと「なんとかなる」と思っていたはずです。しかし、現実はそうではなかった。これから人口が減っていき、ますます厳しい状況が予想される現役世代は、どうすればおカネに困らない老後を迎えることができるのでしょうか?


 老後は誰でも年金と貯蓄の取り崩しという二段構えの生活になります。そんな生活のなかで貯蓄は目減りしていく一方ですが、年金は亡くなるまで毎月安定した収入となります。やはり公的保険は頼りになる制度だと思います。老後の暮らしを安心なものにするためにも、まず国の制度である年金に関する知識を頭に入れてフル活用しましょう。


いずれにしても、健康が第一、健康でなければ何も始まりません。

◆ついため息をついてしまう

◆毎日ハツラツとしたい

◆最近、年齢を感じる

◆いつも表情に疲れがみえている

◆美容に気を遣う

◆いつまでも若々しくありたい

にお勧めします!









posted by rich-life at 11:06| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

禁煙 Proom Tech

私はヘビースモーカーではありませんが、約50年間、20本(日)の超愛煙家でした。


ところが、先日脳ドックの検査を受けましたところ、脳動脈虚血狭窄症と診断されました。


簡単に言うと、脳梗塞予備軍でしょうね! 即、どうこうなることはないのでしょうが、


・血液サラサラ薬を飲むこと!

・コレステロールをコントロールすること!

・禁煙すること


を言い渡され、上記2点は薬を服用することで、OKですが、3点目の禁煙を如何するかを散々検討した結果、電子煙草に変えようと決意し、電子煙草のことを調査・分析をしました。


主な電子煙草の特徴

1.EMILI電子タバコ

  リキット注入方式でリキットはニコチン・タールなどの有害物質なしのものもある。

emili.jpg

2.iQOS アイコス ホワイト 本体キット 電子タバコ

  本物のたばこ葉(別売「マルボロ ヒートスティック」)を加熱するから、たばこ本来

  の味と香りを楽しむことができます。

  火を使わない。灰が出ない。ニオイが少ない。空気を汚さない。革新のタバコ加熱

  システムです。

iqos.jpg

3.PloomTECH プルームテック

  火を使わない燃焼に伴う煙のにおいが無く、灰も出ないというJTが提案する新しい

  たばこスタイル!   JT(日本たばこ産業株式会社) 製品

proom.jpg


以上の商品ですが、

では、脳梗塞への影響で検討した結果、1,2,3いずれもOK

・火を使わない、煙の臭いがない、灰も出ないは1,2,3ともにOK

・肺がんなどの原因といわれるタールは1,2,3ともにOK


次に愛煙家としての満足度は2、3が適当と判断!

・1のリキットは香成分のみでニコチンは含まれていない物が多い


更にコスト面では3がベストと判断した。

・アイコスのヒートスティックは紙巻きタバコと同様に1本で平均10吸引/20本

 460円でコストは紙巻きタバコと同額です。

・プルームテックはタバコカプセル1個につき50吸引×5個で250吸引できます。

 1回当たり5吸引で済ませると、2.5箱分となり1カ月5520円で済むことに

 なります。


以上の検討結果に基づき、JTの公式サイトも検索してみましたが、ヒョットすると、と思い楽天を検索してみると格安の類似品があったの早速入手し、1カ月が経過しました。






一般の紙巻きタバコを買うこともなく、一応は満足しています。


この調子なら全くの『禁煙』も実行できそうな気がしています。
posted by rich-life at 17:39| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

娘から嫌われるオヤジ臭

top.jpg

加齢臭とは

2001年4月、資生堂リサーチセンター研究員の土師信一郎らにより、高齢者の体臭の原因の一つがノネナール(C9H16O)であることが発表された。「加齢臭」という言葉は、土師らにより「加齢により体臭も変化する」という概念を示す言葉として命名された。


この体臭成分は青臭さと脂臭さを併せ持つ。加齢臭は男性のみの症状との誤解も多いが、元々は臭いや体臭に敏感な女性向け商品開発の研究のために発見された物質の一つである。男性は主に40歳代以降、女性では主に閉経後に増加傾向が見られる。


加齢とともに増加しノネナール発生の原因となる物質の一つは、ヘキサデセン酸である。ヘキサデセン酸には臭いはないが、分解されるとノネナールを生成するため、分解したヘキサデセン酸は、蝋燭(ろうそく)・チーズ・古本のような臭いがする。ノネナールはアルデヒド類であるため、アルコールから生成されたアルデヒドもノネナールの原料となっている。


喫煙者の場合、非喫煙者に比べて悪臭が強くなる傾向があるが、このメカニズムについてはまだ解明されていない。

オヤジ臭とは

加齢臭に加え、二日酔いや喫煙、不規則な生活習慣や偏食、あるいは高血圧などが原因といわれている【メタボ臭】や、肝機能やストレス起因の免疫機能低下が原因といわれている【疲労臭】がいっしょくたになって、独特のオヤジ臭さを発生させるのです。


オヤジ臭の解消策

では、これらの臭いを解消するには、ノネナールの基質となるアルコールフェノール類、アルデヒド類、脂肪酸を減少させることが重要である。

ヘキサデセン酸の分解の抑制 には酸化還元剤と抗菌剤が有効である。加齢臭自体は身体を清潔に保つことに加え、機能性香料またはミョウバン溶液である程度抑えることができる。


オヤジ臭解消具体策


中年男性に柿渋石鹸!【男のたしなみ】

今、悩める中高年に大人気の石鹸がこの柿渋石鹸【男のたしなみ】キメの細かい泡がしっかりと洗い上げる!



具体的な解消法としては、まずは、清潔を保つことである程度解消できるでしょう。

しっかりと汚れを落とし、臭い原因である雑菌の付着を抗菌作用に高い成分を含んだ石鹸・ソープを紹介します。

加齢臭が気になる方に薬用デオドラントソープ【颯香力】 

体臭、汗汗、加齢臭が気になる方に佐藤製薬が作成した薬用デオドラントソープです。



男のワキガを10秒で!【クリアネオ】

ボディーソープ わきがクリームで話題になっているクリアネオから メンズ用のボディーソープがついに登場!



脇や頭に汗をかきやすい体質の方や革靴を履き続けるかたは、お風呂で清潔に洗い流すだけでは困難と思われる方には、予防のためのデオドランド、携帯に便利なクリームタイプが便利です。

汗と雑菌をブロック!臭い解消

汗のにおいが気になるかたのために研究して開発させたのがNULLデオドラントゲルです。



男のワキガを10秒で!【クリアネオ】

ボディーソープ わきがクリームで話題になっているクリアネオから メンズ用のボディーソープがついに登場!



抗菌・消臭加工された靴下・肌着、更には衣類に抗菌・予防を施すスプレーも超便利グッズです。

衣類の抗菌消臭ヌーラビオ

ワキガ・体臭・汗臭・加齢臭やタバコ臭・魚臭・ペット臭の臭い対策として驚くほどの効果で高い支持を頂いております。


posted by rich-life at 17:13| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツの習慣で健康長寿

ライフステージ別スポーツ習慣


幼少期から高齢期まで、それぞれのライフステージにあったスポーツ習慣を身に付けることは健康的な生活を送るうえで欠かせません。

スポーツをするうえで、競技技量を高めることと、健康的な生活を送るための総合的な視点でスポーツに取り組むことが重要となります。

スポーツの効用として健康につながる、気持ちが前向きになるなど・・・のメリットは多くの方が提唱されており、幼少のうちに様々な運動遊びをすることで体の発育・発達に好影響を及ぼすことや、成人になってからの定期的な運動が生活習慣病の予防に役立つことは明らかです。

人間は「動物」であり、「動く」生き物です。それが最近の社会の環境の中で、子供も大人も動くことが少なくなったことで、生活習慣病など様々な弊害が生じてきています。

体を動かすことは、人間が生きていくうえでとても大切なことであり、それぞれのライフステージ合ったスポーツ習慣はとても重要なことなのです。

年代によって体の機能の変化や体づくりのポイントといったものは競技選手なら理解されていると思いますが、大まかには下表のとおりです。

bd0.jpg

運動の効果

以上のように年齢とともに体の機能がどんどん変化し、その時々にどの程度まで運動によって負荷を与えていいのかといった知識が必要とされているのです。

それは、ある運動を行ったときに、体のどの組織、臓器、器官にどの程度のインパクトがあるのかといったことです。

 例えばメタボリックシンドロームの予防に有酸素運動がいいなどと言われますが、それがなぜなのかをしっかりと説明できなければなりません。

 加齢とともに筋肉は減少し、これがメタボリックシンドロームにも影響します。

bd1.jpg

1日の生活の中でのエネルギー消費は下図のとおり基礎代謝によりものが60%を占めています。


bd2.jpg

したがって、メタボリックシンドローム対策でエネルギーを消費させる最も効率が良いのは基礎代謝を上げることで、基礎代謝を効率的に向上させるには筋肉量を増やす(高齢者は減らさない)ことが有効だということです。

筋肉量を増やすにはウォーキングなどの有酸素運動ではなく、筋力を高めるトレーニングが必要です。

特に加齢とともに減少するのは主に速筋ですから、ウォーキングだけでは速筋は増えません。

つまり、有酸素運動に加えて筋力トレーニングを行わなければ中・高齢者の健康な体力づくりにはつながりません。

 これまでスポーツが健康的な生活に役立つことを記載しましたが、これは社会的にも大きく期待されています。超高齢化社会を迎えることから、多くの人が如何に健康に加齢していくかということは、医療費やの介護費用の増加を防ぐうえでも重要なポイントになります。


高齢社会の課題

2025年問題の団塊世代が2025年には全員75歳以上の後期高齢者に到達します。

その頃は介護給付費が現在の倍程度の約20兆円に近づくとの試算もあり、認知症人数は約700万人で、高齢者の20%になることが予測されています。

健康長寿の観点から次の対策が重要と言われています。

 30~50代はメタボリックシンドローム

 60~70代前半はロコモティブシンドローム(運動器症候群)

 70代以上はフレイル(虚弱) 

スポーツはこれら全ての予防に効果があるのです。

高齢者が要支援者となる原因としては、脳卒中、認知症、転倒・骨折が3大要因(厚労省2014年)であり、認知症発症にもうつや高血圧より運動不足が強い影響を及ぼすことが判っているようです。

 ・脳卒中予防・・・・有酸素運動が効果(血圧を下げる、血中脂質の改善)

 ・転倒・骨折予防・・筋力トレーニング

つまり、適度な運動やトレーニングが健康長寿には欠かせない大きな要素となっているのです。


しかし、日本の平均寿命は世界一ですが、国民の6~7割はスポーツ無関心層であり、大きな問題を潜んでいるのです。

スポーツ庁では、成人の週1回以上のスポーツ実施率を65%程度となることを政策目標にスポーツへの参加を促していますが、平成27年度の調査では40.4%で平成24年度調査より7.1ポイント低下し、目標との乖離が大きくしています。

個人的な感想と今後の改善・改革案ですが、高齢者健康福祉祭(ねんりんピック)が毎年開催されています。平成27年度:長崎県、平成26年度:山口県、平成25年度:栃木県、平成24年度:高知県で開催され、私も運営担当として、また選手として関わりを持ちましたが非常の盛り上がりがあり、参加者は全員元気でハツラツと練習や日常生活を送られています。

 このねんりんピックをもっと競技数を増やすとともに市町レベルの予選会、県予選、全国大会へと拡大すれば関係者の数も急増します。

 大会運営費等が多少増えたところで、医療費や介護給付費用が抑制できれば充分に効果はあるはずです。

ただ、運動・スポーツを促進したところで、目標がなければ取り組む人はいません。人は目標があるからこそ心を動かすのです。

 是非、厚労省・スポーツ庁のお偉いさんは机上の空論ではなく、川下(現場や参加者)の意見を聞き、対応策を検討いただきたい!


高齢者関連商品のご紹介

毎朝スッキリしたい方、中性脂肪が気になる方、お通じに悩みがある方、美容トラブルを減らしたい方のための酵素サプリです。






パソコン、スマホ、携帯ゲームの普及により 現代人は常にブルーライトの脅威にさらされており、しっかりと目を守ってあげることが必要です。






65歳以上の高齢者の5人に1人が物忘れの悩みを抱えています。さらにその兆候がみられる方5人中4人にリスクがあります。その「うっかり」でお悩みの方へのサプリメントです。







posted by rich-life at 17:08| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

デジタル遺品の共有


top.jpg

あなたも危ない!? デジタル遺品

先日NHKの朝の番組「あさイチ」で『あなたも危ない!? デジタル遺品』を取り上げており、内容な以下の通りでした。

家族が亡くなった悲しみ、そこに追い打ちをかけかねないのが、パソコンやスマートフォンの中のデータやネット上の取り引きなどの「デジタル遺品」のトラブルです。

ネット上でのセキュリティ対策が強化され、亡き人がネットで何をしていたのかとてもわかりにくくなっています。たとえば、夫が生前にヒミツで行っていたFX取引で、とんでもない損失が出ていたり、ネット銀行の口座に預金があることに気づかないことも、そうした金融取引以外にも、管理人が亡くなった「故人ブログ」が乗っ取られ、詐欺サイトの誘導路として悪用されてしまうこともあり、トラブルの事例をご紹介するとともに、家族がとれる対策などをお伝えしました。


1,500万円の負債!? 故人が残したFX取引にご注意

インターネットを利用してFX取引をしていた夫が事故死。その後、急激な為替変動により1,500万円の損失に。

夫からFX取引を知らされていなかった妻が巨額の負債を抱えてしまったケースがあります。そういった思わぬ負債に見舞われないためにも、一刻も早く故人のFX取引の有無を確認し、取引の中止や口座解約をする必要があります。

そこで、万が一に備え家族が共有しておくべき情報は、

『運営会社の名前』『口座番号』『ID』です。

取引中止や口座解約の手続きがスムーズに行えます。

例えば、ノートに書き記すなど手掛かりになる情報を家族で共有しておくことをおすすめします。


一生 気づかないかも!? 故人が預けたネット銀行の預金

インターネットを利用して出入金や残高照会などができるネット銀行。その多くが通帳を発行していないこともあり、家族が故人の預金に気づかない可能性があります。その存在を知る方法として、まずは『キャッシュカードや口座開設時の書類を探す』ことです。

もし見つからない場合は、『各銀行のコールセンターに連絡する』のも方法のひとつです。

相続人であれば口座の有無を教えてくれる場合もあります。


もし口座があればお金が預けられている可能性があります。

預金を受け取るための手続きは、各銀行に相談してください。

残された家族が、故人の預金の有無を調べることは大変なことです。

『銀行の名前』『口座番号』『ID』など、手掛かりになる情報を家族で共有しておくことをおすすめします。


詐欺の温床に!? 故人が残したブログにご注意

悪意のある第三者にIDやパスワードを盗まれ、亡くなった夫のブログが乗っ取り状態に。

知らないうちに不正広告が掲載され詐欺の温床になってしまったケースがあります。

また、故人ブログのコメント欄に不正URLが書き込まれてしまうことも。

そういった詐欺サイトの誘導路として悪用されないために、『家族が故人のブログを完全削除』する方法があります。


運営会社のサポート窓口に連絡し死亡事実などを知らせれば、削除の手続きをしてくれる場合があります。

ほかにも、『家族が故人のブログを管理』する方法があります。

万が一、IDを入力してもアクセスができないなど乗っ取りの可能性がある場合は、運営会社のサポート窓口に相談し対処することができます。

残された家族が、故人ブログの有無を調べることは大変なことです。

『運営会社の名前』『ID』など、手掛かりになる情報を家族で共有しておくことをおすすめします。

※中にはブログを引き継げない運営会社もあります。サポート窓口に確認してください。


デジタル情報を遺品(遺産)としてどう遺すか、家族と共有の仕方を協議を!


デジタル遺品の問題は「あさイチ」でも取り上げたように、写真や動画などの日常の記録から、株取り引きなどの資産運用まで、生活のあらゆる場面に浸透する情報化社会ですが、死後、その管理をどうするのかが、いま問われ始めています。

写真や日記など、パソコンやスマホに遺された膨大な“故人情報”とどう接したらよいか、悩む遺族も多いでしょう。

パソコンの利用者が、口座名やパスワード、データをどう処分してほしいかを生前に記す、専用の「エンディングノート」も登場しています。 こうした中で、パソコンやネット上のブログなどを、生きた証としてとらえる人もあり、東日本大震災でアルバムなどがすべて流出した中で、パソコン内の情報やクラウドサーバーの情報を取り出し、活用された方もある聞き、あらゆる情報が集積される時代だからこそ、デジタル情報を遺品(遺産)としてどう遺すか、家族と共有すれば良いのかを考えさせられました。


posted by rich-life at 15:36| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする