2016年06月28日

イギリスのEU離脱を巡って、世界経済が揺れる

イギリスのEU離脱を巡って、世界経済が揺れる

 もともとイギリスは、EUに対しては距離を置いていて、ドイツやフランスなどEU各国が単一通貨ユーロを導入しているのに対して、自国通貨のポンドを維持しながら、関税などの特典は使い、いっぽうで巨額な分担金も出してきました。
 けれど、シリア内戦の影響で大量の難民が、社会保障の充実しているイギリスに流入。EUの規定で、こうした人たちを拒否できないために財政負担が大きくなり、疑問を感じた離脱派の勢力が強くなり離脱に決定した。

国民投票で、英国民は離脱を選んだ

 6月23日(現地時間)に実施された英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票で、英国民は離脱を選んだ。だが、この決定が自国に何をもたらすのかを事前に調べた国民は少なかったのかもしれない。
 離脱確定直後、Google検索で「われわれ(英国民)がEUを離脱したらどうなる?」という検索キーワードが250%増加したと、米GoogleのGoogleトレンドチームがツイートした。
 
日経平均株価は年初来安値を更新

 6月24日の日経平均株価は「英EU離脱ショック」で急落しました。
 24日の日経平均株価は前日比1286.33円(7.92%)安の1万4952.02円と、年初来安値を更新し、2014年10月21日以来およそ1年8カ月ぶりの安値水準に沈みました。
 下げ幅はITバブル崩壊時の2000年4月17日以来、約16年2カ月ぶりの大きさを記録しました。
 そして、14時33分には1万4790円の本日安値を付けました。

今後の欧米政治情勢は

 今回の英国離脱を受け、今後予定されているスペイン、ドイツ、フランスの選挙において、EU離脱派が勢いを増す可能性が高くなりました。
 このため、EUの存在自体への不安が燻り続け、各国の選挙結果に対して、投資家が神経質に反応する状況が続くでしょう。
 また、今回の英国国民の決断の背景は、「移民問題に上手く対応できないEUと現在の英国政府への不満」「格差社会への不満」が大きいとみられます。これは、米国の大統領選挙において、トランプ共和党候補に追い風になるでしょう。

短期的・中長期的な株式市場と為替の見通しは

 現時点において、日本株は英国離脱問題は織り込んだものの、その後の流れ次第では、世界の金融市場は不安定な状況が続くかもしれません。
 なお、短期的・中長期的な株式市場と為替の見通しは、現時点では、あまりに不確定要素が多すぎて、正直、専門家でも判断できないでしょう。

アベノミクスは運に恵まれた

 1月から日経平均株価が大きく下がり、その理由は原油、円高、中国のせいだと言われていますが、ここ数年間続いた日本経済の好調期が終わりを迎えているのではないでしょうか?
 3年間のアベノミクスを振り返ると、当初掲げた「三本の矢」のうち、金融緩和効果は評価できると考えていますが、残念ながら財政政策は中途半端で、成長戦略は大きな成果を上げることができませんでした。
 アベノミクスそのものは、政策としては中途半端と言わざるをえません。ただ、アベノミクスにとってラッキーだったのは、景気循環と円安が後押しとなったことです。アベノミクスによる株価上昇は景気循環と円安、そして金融緩和効果で説明できます。

  ① 景気循環の上昇局面にアベノミクスの期間がぴったり重なりました。
  ② 人口動態もプラスに働きました。
  ③ 団塊の世代が60~70歳という、人生の黄金期にさしかかった。
   「退職金が入り、年金も始まり最大の消費者層としてホテル需要や車の販売、高
    額消費が増えた」
  ④ 東日本大震災の影響で原発が停止し、原油を大量に輸入・原油価格も上昇し、
    これによって経常赤字が拡大し、結果として円安になった。
  ⑤ 「黒田日銀総裁の金融緩和による円安効果も貢献

日本はマイナス成長の時代に突入か?

 去年の夏ごろから、団塊の世代が70歳を超しはじめ、体力と好奇心が落ちたことで消費が陰りだしたのです。あと5年もすれば団塊世代は全員70~75歳になります。これより下の世代は人口も少ないしあまりおカネがありません。これによる消費の落ち込みは避けられません。
 さらに、これから原発が続々と再稼働します。すると原油の輸入が減り、経常収支の改善は円高につながります。
 これに対して、日銀は1月の政策決定会合でマイナス金利の導入を決め、いったんはなんとか円高を止めました。
それが英国のEU離脱によって、急速な円高が進みました。更にはファンダメンタルズからみれば円高圧力はまだ続きます。 
 貿易収支が黒字基調となり、経常収支の改善が持続するからです。これをなんとかするには、少なくともマイナス金利をさらに拡大しないことには円安に戻すどころか、円高に拍車がかかるおそれがあります。
 加えて、景気循環も下降局面になり始めています。国内の景気循環だけでなく、世界も同様です。
 スマートフォンというイノベーションの波が引き始めています。ここ10年間で出てきた米国の時価総額上位企業にはアップル、Google、アマゾン、フェイスブックがありますが、これらの企業の牽引役はすべてスマートフォンです。
 アベノミクスの3年間は日本経済にとって最後のチャンスだったのかもしれません。





  

posted by rich-life at 16:15| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

イチローがピート・ローズの世界最多安打記録を更新

 イチローがピート・ローズの世界最多安打記録に並んだ!
マーリンズのイチロー外野手(42)が15日(日本時間16日)、敵地のパドレス戦に「1番・右翼」で出場した。1回に捕手内野安打で日米通算4256安打とし、ピート・ローズ氏の持つメジャー最多安打記録に並んだ。
 第5打席にパドレスの守護神、ロドニーからツーベースヒット。一気に4257本目を打ち記録を更新した。
rich_012.png

 イチローは日本ではオリックス入団3年目の1994年から「振り子打法」で安打量産に入り、いきなり史上初となる年間200安打を記録。
 2001年に大リーグ、マリナーズに移籍しても10年連続200安打を達成して安打製造器ぶりを発揮した。

 当日の米スポーツ専門チャンネルESPNでは、コメンテイターが2人とも「ピート・ローズの記録と一緒に語られるべきではない。日本のプロ野球は、MLBと同じレベルにはない」と明言していた。イチローの足跡を認めつつ、冷静でしっかりした口調ではあったが、いくつか眺めたメディアの中で、もっとも醒めた反応だった。

ピート・ローズ
 「日米のプロでの通算安打というなら、俺がマイナーリーグで打った427本も記録(4256安打)に加えるべきではないか。俺もそのときプロだった」

 次にイチロー選手が目指すのは、メジャー通算3000安打。もう一つの金字塔に向け、イチロー選手の歩みは続きます。
イチロー愛用シューズの紹介
posted by rich-life at 11:47| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都舛添知事の政治と金に関する顛末

 2001年7月、参議院議員通常選挙に比例区から自民党候補として立候補し、トップ当選し、2007年7月で再選を実現し、2007年8月27日の第1次安倍改造内閣において年金問題を始めとする多くの問題を抱える厚生労働大臣に任命され、安倍晋三が首相を辞任した後の2007年9月26日に発足した福田康夫内閣でも、さらに2008年9月24日に発足した麻生内閣においても続投した。
 このころ母(ユキノさん)痴呆症の介護を行いながら、介護に関する書籍の執筆などをする姿が報じられ、支持層をふやしとことでしょう。

2010年4月22日、自民党を離党し、新党改革の代表に就任した。
2014年1月8日、2014年東京都知事選挙に無所属で出馬することを表明し、2月9日に選挙が執行され、211万2979票を獲得し東京都知事に当選した。

政治資金不正と不信任案提出・辞任
 最近の報道では、東京都知事の政治と金についての報道が続いています。通常の金銭感覚では考えられない「公私混同」なのですが、当の知事自身は違法でないということを主張したいのでしょう。
結果を第三者委員会に委ねた。第三者委員会の結論として「政治資金として違法とは言えない」しかし、「不適切」という結果になるだろう。と非常にお手盛り感のある曖昧な結果となった。
都議会では6月13日までに自民党除く7会派が不信任案提出し、6月14日には自民党も不信任案を提出する方針を固めた。
 15日、辞職の意向を固め、都議会議長に辞職願を提出した。が、結局のところ真相は全て闇の中で多くの都民は不満が募るばかりでしょう。
rich_013.png

 さらに、夏の勤勉手当381万円、退職金約2200万円が出ました。泥棒に追い銭の正にこのことではないでしょか?
 また、母親の介護をしたことで好感度を得た話は大嘘であったと、「週刊文集」報じています。
 まだまだ話題には事欠かないでしょう!
posted by rich-life at 10:58| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする