婚カツ支援サイトの紹介

こん‐かつ【婚活】 「結婚活動」の略 理想の相手を見つけ、幸せな結婚をするためにさまざまな活動をすること。女性の社会進出、晩婚化、ライフスタイルの多様化などにより男女がすぐには結婚しなくなったことから、結婚のためには就活(就職活動)のように積極的な働きかけが必要になってきたとするもの。【国語辞書より】  中央大学教授・山田昌弘と少子化ジャーナリスト・白河桃子の共著『「婚活」時代』から流行語になりました。 その後、新聞・テレビ・雑誌でも頻繁に見かける言葉となり、2008年、2009年の2年連続で流行語大賞にノミネートされ、比較的新しい言葉ですが、もう日本国内で知らない人はいないほど浸透しています。 なぜ、婚活が必要なのでしょうか? 結論からいうと「出会いを待っているだけでは、結婚できない時代になった。意識してお相手を探す努力が必要になった」ということです。 多くの人が結婚を望みつつ未婚のままでいます。国立社会保障・人口問題研究所の2010年調査では、18~34歳の未婚男性の87%、未婚女性の90%が「いずれ結婚するつもり」と回答する。 一方、国勢調査によると、30~34歳の未婚率は1975年が男性14%、女性8%から、2010年は男性35%、女性22%に上昇しています。未婚率はさらに悪化し、   一生独身という人は2030年に、男性の3人に1人、女性の4人に1人と予測されています。 未婚率上昇の背景 この背景には社会の変化があります。昔は親が決めた結婚やお見合…

続きを読む