2017年07月19日

しみ、そばかすを消したい!

シミとソバカスは、非常に良く似ているお肌のトラブルですが、その違いは見た目も違い、原因も違いますので、当然対処方法も異なります。
ますは、よく理解して美肌対策を行いましょう。

シミ、ソバカスの種類について

1.「老人性色素斑」
これはメラニン色素を放出する組織であるメラノサイトの異常や老化によってメラニン溜まりが発生した状態で、多かれ少なかれ誰にでも起こる現象です。
しみは30代以降の方が出やすいお肌の症状で、紫外線がよく当たる箇所に現れます。
顔や手の甲に出来ることが多く、ホクロのように大小の大きさが異なり、1つだけ出来ることもあれば、いくつも現れることもあります。
個人差が大きいため、見た目の症状には色々な違いがあります。

2.「炎症性色素沈着」
ニキビなどが起こったときに問題となるのが「炎症性色素沈着」です。
これは文字通り強い炎症が起きたときに、皮膚が防御反応として集中的にメラニン色素を放出して起こる色素沈着です。

3.「そばかす」
そばかすは幼少期から肌に現れるため、5歳~6歳頃から、目の周りや頬にかけて細かな斑点があるのが特長です。

4.「肝斑(かんぱん)」
そばかすの症状とよく似ているお肌のトラブルに、「肝斑(かんぱん)」というしみが出来ることもありますが、肝斑は頬と目の周りにかけて左右対称に斑点が出来るのが特長です。

シミ・ソバカスが発生する原因の違いとは?

1.ソバカスの発生原因
そばかすは、遺伝的要素が大きく関わっている先天的な症状で、メラノサイトが刺激を受けやすく、色素沈着を引き起こしやすい体質の持ち主の肌に現れることが多いです。

2.シミの発生原因
しみは後天的な症状で遺伝ではなく、生活環境によって現れます。
ストレス、食生活、紫外線など、外部からの刺激により細胞がダメージを受け続けることでそばかすと同様にメラニンが過剰に生成され、しみの症状が現れるようになります。

3.メラニンについて
先天性・後天性の違いはあるものの、どちらも「メラニン」が褐色の斑点を生み出す原因となっているため、スキンケアによって症状を改善したい方は、メラニンが過剰に生成されてしまう原因を取り除く必要があります。

肌は通常28日周期で入れかわります。このターンオーバーがうまくいかないとメラニン色素がいつまでも肌の中に残ってしまいしみやそばかすになってしまいます。

しみ・そばかすに有効な予防・対策方法

しみ・そばかすは、いずれも過剰な「活性酸素」の発生が関わっています。
活性酸素は、紫外線とストレスによって発生しやすくなるため、活性酸素を抑えることが美白ケアに繋がります。
つまり、紫外線対策を行いストレスを解消することが予防・改善に効果があります。日頃から紫外線を浴びやすい肌は「UVケア」を施し、ストレスを溜めこまないための生活習慣を心がけましょう。

しみ、そばかすに有効な化粧品

次の2タイプがあります。

予防する方法

まだできていない、しみ・そばかすを予防するには「メラニン生成抑制効果」のある化粧品を選びます。
メラニンはチロシンというアミノ酸とチロナーゼという酵素が結びついて生成されます。そのチロナーゼの働きを抑制するものが以下のようなものです。
・ビタミンC
・アルブチン
・プラセンタエキス
・コウジ酸
・エラグ酸
・リノール酸
・ルシノール
などです。
またこれらは予防だけでなく長期的に使用することでできてしまったしみを薄くする効果も期待できます。

目立たなくする方法
次は既に、しみ・そばかすができているので目立たなくしたいという場合ですが、これらを薄くするには「メラニン還元効果」のある化粧品を選ぶようにしましょう。
・ビタミンC
・アルブチン
・ハイドロキノン
・エスクレシド
以上の成分が配合されている化粧品を選ぶことが大切です。
この中でも「新安定型ハイドロキノン」は皮膚科などでも使用されていて、しみを薄くできる唯一の美白成分として知られています。

ただ、ハイドロキノンを配合している化粧品を使ったあとで紫外線を浴びると逆にシミができやすいため、夜だけ使って朝きちんと洗顔して落とす、朝使ったら日焼け止めをしっかり塗るなど、注意して使ってください。
成分表をしっかり見て、自分の目的にあった成分が入っている化粧品を選びましょう。

目安にして欲しいのが医薬部外品として厚生労働省の認可がおりた化粧品はそれだけ効果が期待できますし、臨床的にも証明されているので安心して使用することができます。
しかしあくまでも医薬部外品です。
効果が期待できるだけであって必ず効果が出るわけではありません。なのでそのこと念頭において使用しましょう。
化粧品や人により効果が違ったり肌に合わないことがありますので、使用して荒れることがあればすぐに使用を停止しましょう。
1.「老人性色素斑」
これはメラニン色素を放出する組織であるメラノサイトの異常や老化によってメラニン溜まりが発生した状態で、多かれ少なかれ誰にでも起こる現象です。
しみは30代以降の方が出やすいお肌の症状で、紫外線がよく当たる箇所に現れます。
顔や手の甲に出来ることが多く、ホクロのように大小の大きさが異なり、1つだけ出来ることもあれば、いくつも現れることもあります。
個人差が大きいため、見た目の症状には色々な違いがあります。

2.「炎症性色素沈着」
ニキビなどが起こったときに問題となるのが「炎症性色素沈着」です。
これは文字通り強い炎症が起きたときに、皮膚が防御反応として集中的にメラニン色素を放出して起こる色素沈着です。

3.「そばかす」
そばかすは幼少期から肌に現れるため、5歳~6歳頃から、目の周りや頬にかけて細かな斑点があるのが特長です。

4.「肝斑(かんぱん)」
そばかすの症状とよく似ているお肌のトラブルに、「肝斑(かんぱん)」というしみが出来ることもありますが、肝斑は頬と目の周りにかけて左右対称に斑点が出来るのが特長です。

シミ・ソバカスが発生する原因の違いとは?

1.ソバカスの発生原因
そばかすは、遺伝的要素が大きく関わっている先天的な症状で、メラノサイトが刺激を受けやすく、色素沈着を引き起こしやすい体質の持ち主の肌に現れることが多いです。

2.シミの発生原因
しみは後天的な症状で遺伝ではなく、生活環境によって現れます。
ストレス、食生活、紫外線など、外部からの刺激により細胞がダメージを受け続けることでそばかすと同様にメラニンが過剰に生成され、しみの症状が現れるようになります。

3.メラニンについて
先天性・後天性の違いはあるものの、どちらも「メラニン」が褐色の斑点を生み出す原因となっているため、スキンケアによって症状を改善したい方は、メラニンが過剰に生成されてしまう原因を取り除く必要があります。

肌は通常28日周期で入れかわります。このターンオーバーがうまくいかないとメラニン色素がいつまでも肌の中に残ってしまいしみやそばかすになってしまいます。

しみ・そばかすに有効な予防・対策方法

しみ・そばかすは、いずれも過剰な「活性酸素」の発生が関わっています。
活性酸素は、紫外線とストレスによって発生しやすくなるため、活性酸素を抑えることが美白ケアに繋がります。
つまり、紫外線対策を行いストレスを解消することが予防・改善に効果があります。日頃から紫外線を浴びやすい肌は「UVケア」を施し、ストレスを溜めこまないための生活習慣を心がけましょう。

しみ、そばかすに有効な化粧品

次の2タイプがあります。

予防する方法

まだできていない、しみ・そばかすを予防するには「メラニン生成抑制効果」のある化粧品を選びます。
メラニンはチロシンというアミノ酸とチロナーゼという酵素が結びついて生成されます。そのチロナーゼの働きを抑制するものが以下のようなものです。
・ビタミンC
・アルブチン
・プラセンタエキス
・コウジ酸
・エラグ酸
・リノール酸
・ルシノール
などです。
またこれらは予防だけでなく長期的に使用することでできてしまったしみを薄くする効果も期待できます。

目立たなくする方法
次は既に、しみ・そばかすができているので目立たなくしたいという場合ですが、これらを薄くするには「メラニン還元効果」のある化粧品を選ぶようにしましょう。
・ビタミンC
・アルブチン
・ハイドロキノン
・エスクレシド
以上の成分が配合されている化粧品を選ぶことが大切です。
この中でも「新安定型ハイドロキノン」は皮膚科などでも使用されていて、しみを薄くできる唯一の美白成分として知られています。

ただ、ハイドロキノンを配合している化粧品を使ったあとで紫外線を浴びると逆にシミができやすいため、夜だけ使って朝きちんと洗顔して落とす、朝使ったら日焼け止めをしっかり塗るなど、注意して使ってください。
成分表をしっかり見て、自分の目的にあった成分が入っている化粧品を選びましょう。

目安にして欲しいのが医薬部外品として厚生労働省の認可がおりた化粧品はそれだけ効果が期待できますし、臨床的にも証明されているので安心して使用することができます。
しかしあくまでも医薬部外品です。
効果が期待できるだけであって必ず効果が出るわけではありません。なのでそのこと念頭において使用しましょう。
化粧品や人により効果が違ったり肌に合わないことがありますので、使用して荒れることがあればすぐに使用を停止しましょう。

ミルセリンホワイトNKBで黒色メラニンを無色化します
オールイン2BOXならシミとシワをたった2本でケア完了!

澄肌美白お試しセットでキメのととのった明るい印象の肌に
薬用マスターホワイトは医薬部外品の美白オイルバームです。
メディユース薬用Cプラホワイトニングの業務用は激安

posted by rich-life at 13:02| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血糖値が高めと診断されました!?なぜ高めだと問題なのでしょうか?

血糖値全般について調べてみました。

血糖値とは何か

血糖値とは血液中のブドウ糖の量のことを示します。このブドウ糖は身体のエネルギーとなって、全身に届けられています。身体の中では、血糖値が常に変動していますが、一定の範囲に調節されていて、生命活動が行われています。

実際には、膵臓から分泌される「インスリン」と「グルカゴン」というホルモンの働きによって、血糖値が調節されています。たとえば、食後に血糖値が上昇しますが、その際にインスリンが膵臓から分泌されます。

すると、過剰なブドウ糖は血液中から細胞内に取り込まれ、エネルギー源となります。エネルギーに変換されなかった一部はグリコーゲンという貯蔵物質に変換されて、肝臓や筋肉に蓄えられます。そのほかのあまったブドウ糖は脂肪になり、脂肪細胞に蓄えられるのです。これが、血糖値が下がる仕組みです。

反対に、血糖値が下がったときには、血糖値を上昇させるためのしくみが働きます。血糖値が下がると、グルカゴンというホルモンが膵臓から分泌されることにより、肝臓に貯蔵されていたグリコーゲンを分解し、血液中にブドウ糖を放出されます。これによって血糖値を上昇させ、正常の範囲内に保っています。


血糖値の基準値

血糖値の基準値には、様々な状態においての基準値が設定されています。


bd5.jpg



基準値より高いときのリスク

では、血糖値が基準値より高いとどういったリスクがあるのでしょうか?
糖尿病の一番恐ろしいところは、「血管を中から少しずつ壊していく」という点です。
血液の中に基準値以上の糖分があると、血液の流れはドロドロとなり、血管をつまらせてしまったり、血管の弾力性を低下させてしまいます。そのため、大きい血管だと脳梗塞や心筋梗塞を起こす原因となりますし、小さい血管だと腎臓、眼、神経などに障害を起こします。

このように、基準値より高いと様々な影響が出てくるため、糖尿病は「万病のもと」と言われており、予防および血糖値の管理が大切となっているのです。


基準値より低いときのリスク

では逆に、基準値より低い場合にはどういたリスクが出てくるでしょうか?
糖分は、体を動かすエネルギーです。そのため、基準値より糖分が少ないと体はエネルギー不足となり、低血糖症状として「めまい」や一時的な意識消失などを起こします。
低血糖症状が進行すると、最悪死亡にもつながるため、特に糖尿病の方で薬を使って血糖値を下げている場合、薬が効きすぎていないかどうか注意する必要があります。


血糖値の異常により生じる病気

血糖値が高い状態が続くことで、糖をうまく身体が利用できない状態になると糖尿病を招きます。
日本人の糖尿病を患っている方の9割は2型糖尿病といわれ、肥満、食べ過ぎ、運動不足、ストレスなどの生活習慣が誘因となって発症します。糖尿病を発症して、さらに血糖値のコントロールが悪い状態が続くことで、細い血管にも障害がおこり、目や腎臓、そして神経にも異常をきたします。

糖尿病の3大合併症といわれる「糖尿病性網膜症」「糖尿病性腎症」「糖尿病性神経障害」のことです。また、脳の血管が詰まる脳梗塞や、血管が硬くしなやかさを失い、血流が悪くなる動脈硬化のリスク因子にもなります。


血糖値と中性脂肪、LDLコレステロール、HDLコレステロールの関係

糖尿病を発症すると、インスリンの分泌が悪くなり、脂質の代謝がうまくできなくなります。脂質の代謝が悪くなることで、血液の中の中性脂肪は増加します。また、それと同時に悪玉コレステロールであるLDLコレステロールも増えます。LDLコレステロールが増加することで、善玉コレステロールであるHDLコレステロールは減少し、動脈硬化を引き起こしやすくなります。


血糖値をコントロールする方法

血糖値が高く、糖尿病と診断された場合は、まずは食事・運動療法で治療を行います。食事・運動については、治療だけではなく、糖尿病の予防にも有効です。食事と運動療法で管理できない場合は、薬物やインスリン療法を行います。

○食事療法
糖尿病は、肥満があることで、インスリンが作用しにくくなり、糖血糖コントロールを悪化させます。肥満がある場合は、肥満の改善を行います。食事は、バランスよく、必要以上の栄養素をとらないようにすることが重要です。

主治医の指示した適切なカロリーに従い食事療法を行います。カロリーや血糖値を上昇させる糖質の制限を行います。また、血糖値の上昇を緩やかにする食物繊維の摂取も積極的に行います。

○運動療法
糖尿病は運動不足とも大きく関係しています。運動を行うことで、血糖コントロールを悪化させる肥満の予防・改善になります。それ以外にも、インスリンの効きを良くすること、筋肉が糖を取り込み、血糖値を低下させる働きをするといった効果が得られます。とくに、歩く、軽いジョギング、サイクリングなどの有酸素運動を行うことで、糖の消費を行いやすくなります。

○薬物療法
食事・運動療法で血糖値が安定しない場合は、薬物療法を行います。3つの働きの薬にわかれています。
(1)α-グルコシダーゼ阻害薬:食事後の時血糖値の上昇を緩やかにする薬
(2)スルフォニル尿素薬:すい臓に働きかけ、インスリンの分泌を促す薬
(3)インスリン抵抗性改善薬:インスリンの効きが悪い場合に使用する薬

血糖値の上がる原因や上がり方の特徴によって薬が処方されます。

○インスリン療法
インスリンを注射し、補うことで、血糖値をコントロールする治療法です。
膵臓のインスリンが分泌されなくなる1型糖尿病の場合は、インスリン治療が基本となります。1型糖尿病の場合は生命維持のために必要となります。

2型糖尿病の場合は、膵臓からのインスリンの分泌機能は残っているため、すぐに命の危険はありませんが、食事・運動・薬物療法でうまく血糖値の管理が出来ていない場合は、インスリン療法を行うこともあります。


「 血糖値の正常値 」 まとめ

糖尿病の場合、一部を除いて多くは遺伝によって発症しやすくなると言われています。
これは血糖を調節する機能がもともと弱い遺伝があるということと同時に、親から引き継がれた食生活や運動習慣がそのまま子供にも受け継がれるから、ということもあげられています。

血糖値を正常に近づけるためにも、ぜひ今日から「規則正しい生活」を心がけてみてくださいね。
桑ポリスは医療学会で血糖値を下げる効果が発表

ハイサラシア タブレットは炭水化物好きに効果

アグリのしあわせ減糖茶は漢方系茶葉が多彩に働く

トリプルメタクリーンMHSは糖の吸収をブロック

サラシアプラスは血糖値や肝機能の予防・改善に効果
posted by rich-life at 07:04| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

認知症は本当に予防出来るのでしょうか?

いま認知症は予備群も含めると高齢者の4人に1人。治療も予防も難しいとされてきましたが、予防に向けた研究で新たな発見がありました。

世界の研究者が見つけた予防のポイントは、
“脳のゴミ”をきれいに洗い流すこと。

実は40代の頃よりこの”脳のゴミ“が溜まり始めていることがわかってきました。

認知症予防の生活習慣情報
最新研究!予防のカギはアミロイドβの排出!

脳が活動したときに生まれる老廃物・アミロイドβ(通称“脳のゴミ”)です。
この物質の蓄積がアルツハイマー病発症の引き金と考えられています。

実は、寝るとアミロイドβを脳から洗い流す能力が高まることがわかってきました。
つまり、睡眠時間は脳にとって大事な“クリーニングタイム”ということです。
適切な睡眠時間を確保して、脳をお掃除するタイミングを確保することが大切です。

脳の神経細胞を活性化で予防! .

脳の神経細胞を活性化することも効果的な予防方法をご紹介します。


1. 有酸素運動
有酸素運動をすることで、神経細胞を活性化するホルモンが分泌されることやアミロイドβを分解する酵素を増やすことが期待できます。また、運動後だとよく眠れるのでアミロイドβの排出にも好影響をもたらすと考えられます。
2. コミュニケーション
他人と会話をすることは脳を活性化させると言われています。特定の人と同じような会話をするよりも色んな人と出会って新鮮な会話をするとより効果的です。お年寄りは、孫などと積極的におしゃべりすることが大切です。
3. 知的活動
頭を使いながら指先を動かすことを知的活動といい、これも神経細胞を活性化するのによいとされています。具体的には、囲碁や将棋、裁縫などがあげられます。

食事で予防を!?

研究でアルツハイマー病を予防する食事法が発表されました。
約1000人のお年寄りを平均5年間追跡した結果、全15項目のうち9項目以上を達成できていた人は、5項目以下だった人たちに比べアルツハイマー病の発症が53%も低いという結果が出ました

1. 積極的に取るといい食材を10項、
・緑黄色野菜(週6日以上)、その他の野菜(1日1回以上) 
・ナッツ類(週5回以上) 
・ベリー類(週2回以上) 
・豆類(週3回以上) 
・全粒穀物(1日に3回以上) 
・魚(なるべく多く)
・鶏肉(週2回以上) 
・オリーブオイル(優先して使う) 
・ワイン(1日グラス1杯まで)

2.控えた方がよい食材
・赤身の肉(週4回以下) 
・バター(なるべく少なく) 
・チーズ(週1回以下) 
・お菓子(週5回以下) 
・ファストフード(週1回以下)

この研究はアメリカ版で、日本人にどれだけ効果があるのか、日本人のための食事法などは現在研究中です。
日本人の食生活では塩分摂取量が多めなので、“減塩”が大切ではないかと考えられています。
実は、アミロイドβを排出するのにも神経細胞に栄養を届けるのにも欠かせないのが脳の血管。ところが、塩分の取り過ぎは脳の血管を傷つけることにつながります。
だから、脳の血管をしなやかにキープするため減塩が大切だと考えられているのです。


DHAとEPAの効果の違い
血中の中性脂肪濃度や悪玉コレステロール濃度が高くなったり、血糖値が上昇すると、血液は粘性を増してドロドロの状態になります。これを改善し、動脈硬化や高血圧症などの症状を予防するのに、EPAとDHAはどちらも有効に働きます。
DHAは、血管や赤血球の細胞膜をやわらかくする働きにより、血流を促します。
EPAは、高い血小板凝集抑制作用により血栓をつくらせないことで血流をよくします。

ホスファチジルセリンとは、人間の体を構成している細胞の膜に存在するリン脂質の一種です。脳に多く存在しているため、脳の栄養素とも呼ばれています。脳の機能改善や、アルツハイマー病の改善、進行遅延作用があるとして注目を集めている成分です。

プラズマローゲン
人や動物の体内にあり、抗酸化やイオン輸送に重要な役割を果たすリン脂質の一種です。ストレスを受けると脳細胞が酸化され劣化してしまう、これが脳疲労の主な原因ですが、プラズマローゲンは、脳細胞の酸化、脳疲労を守ってくれるのです。

山芋(ジオスゲニン)
山芋に含まれているジオスゲニンという成分を摂取するとアルツハイマー患者特有の症状が正常に戻る効果が認められました。さらにβアミロイドを減らす効果、消化酵素も豊富なため、脳と胃腸の健康維持のためにも日頃から是非摂取したい成分です。

レシチン
レシチンとは、ホスファチジルコリンとも呼ばれ、リン脂質と呼ばれる脂質の一種です。脳や神経組織などに多く含まれ、細胞膜の主要な構成成分です。体内ではあらゆる細胞の膜に含まれており、生理機能を担い、神経伝達物質のアセチルコリンをつくる際にも必要とされます。学習や記憶、睡眠、脂質の代謝にも関わっており、肝臓を保護する働きもあります。

ジオフェルンZは高齢化社会の切り札
フェルラブレインPLUSはアルツハイマー症の予防効果
サポートメモリープレミアム3ヶ月後で効果
プラズマローゲン&レッドDHA新成分を業界トップクラスの配合
プラズマローゲンEXは世界初の特許原料使用
posted by rich-life at 07:57| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする