デリケートな赤ちゃんのお肌トラブルに

赤ちゃんや幼児の肌トラブルでお悩みのママへ 肌トラブルの原因 『清潔・保湿が出来ていない』、 『使っている石鹸(ソープ)の刺激が強い』 赤ちゃんは生後2~3ヵ月頃になると皮脂の過剰分泌が収まり、皮膚内の水分も蒸発して乾燥肌になりやすいのです。 赤ちゃんは新陳代謝も活発でありながら、大人と同じ数の汗腺を持っているから、汗かきで、「あせも」や「かゆみ」の原因にもなります。 そこで、石鹸やローションは「刺激性」「保湿」「肌を整える」が重要なので、 天然植物エキスや整肌ビタミンを配合した全身用の無添加ボタニカルベビーシャンプー(ベビーソープ)が最適です。 乾燥による赤ちゃんの肌トラブル対策にプルプルうるおいベビ肌へ! 「カサカサ、ブツブツ、ジュクジュク、カユカユ・・・・」 肌トラブルの原因は様々ですが、赤ちゃんのお肌のバリア機能が未熟であることが原因の一つです。 バリア機能が未熟な赤ちゃんはどうなるの? 皮膚の分泌が少なくなったり、摩擦など外部からの刺激が重なるとバリア機能が働かず、お肌は乾燥しがちになり、ちょっとした刺が肌トラブルにつながったりします。 それらのお肌の汚れをキレイに、清潔に保つために、ドルチボーレ ベビーソープでお肌の潤いを守りながら優しく洗ってあげてください。  入浴後はお肌の汚れも落ち、清潔な状態なので、このタイミングで、ドルチボーレ ミルキーベビーローションで優しく、しっとりを保湿してあげてください。 赤ちゃんの肌ト…

続きを読む