男のファッションの自信

身だしなみとは単なる服装ではなく、身につけておくべき教養や趣味といった意味と、相手に不快感を与えない服装、場所や立場・地位 にふさわしい服装といった意味があります。 地球上ではさまざまな動物たちが、子孫を残し繁栄するために、あの手この手で今日も求愛しています。 ダンスをする鳥、美しい鳴き声をするもの、クジャクやゴクラクチョウは綺麗な羽を広げて美しさとを見せつけます。 本人にしてみれば大真面目にやっているけれど、外から見たらちょっと笑っちゃう、興味深い求愛行動も多々あります。 男性諸君も、是非、見習ってほしいものです。 身なりをキチンとして、歌やダンスやその他の教養を身に付け、果敢にアプローチすることで輝かしい将来が実現できますよ! とは、言ってもご自分に自信がないとお悩みの方あなたへ 自信がないと言っても、ご自身の性格全般なのか、 それともファッションについてのみに自信がないのでは多少状況が違うのでしょうが、 ファッションに自信がないことも、ご自身性格全般の自身の無さが表れているのだと思います。 したがって、着るものをいつもと違う、少しオシャレで明るいものに変えるだけで、 気分も。晴れやかになり行動もポジティブになることは間違いありません。 しかし、 ファッションがわからないので自分に似合う服を選ぶことができない。  ファッションが全くわからないわけではないが、いつも似たような服を選びマンネリ化する。 …

続きを読む

親の介護が心配

親の介護について、ご心配されている方が増えていることが、問題になっていますが、少子化(一人っ子)が増え、一人っ子同士が結婚すると、ご夫婦で両家のご両親4人の老後のお世話をしなければならないことになりかねません。 かっては3世代同居の大家族たったら、この様なことはごく当たり前のようにおじいちゃんやおばあちゃんのお世話をしながら終活を温かく迎えられてのでしょうが、少子化・核家族化によって、大きな課題を残すこととなっています。 子供の方も高齢者となり老人が老人の介護をしなければならない羽目に陥った時には八方塞がりの状況に陥り、遂には特別養護老人ホームへの入居を決断せざるを得なくなります。 終活は自宅で迎えたいという要望に応えきれず、罪悪感を感じながら決断をしなければなりません。 脳の老化は誰にも訪れる 誰でも年齢とともに、もの覚えがわるくなったり、人の名前が思い出せなくなったりします こうした「もの忘れ」は脳の老化によるものです。 しかし、認知症は「老化によるもの忘れ」とは違います。 認知症は、何かの病気によって脳の神経細胞が壊れるために起こる症状や状態をいいます。 そして認知症が進行すると、だんだんと理解する力や判断する力がなくなって、社会生活や日常生活に支障が出てくるようになります。 “ぼんやり”、”うっかり”の解消法とは 現時点では残念ながら、「現在こうすれば認知症にならない」という方法はありません。 しかし最近の研究…

続きを読む

モテない男の原因

男性には、大なり小なりのコンプレックスはありますが、容姿について悩んでいる方を多く見かけます。 しかし、あなたが思っているほど、女性は容姿について気にしていません。 確かに、最初はイケメンの男性に惹かれることもありますが、それも中身が無いことがわかった時点で、はい、サヨナラになります。 女性は、男性の外見より内面を重視するからで、容姿にコンプレックスを抱えている男性を、女性が嫌うことはありません。 女性が嫌うのは、その容姿のコンプレックスを隠そうとする気持ちを嫌うのです。 男性が、容姿のコンプレックスを隠そうとすると、どうしても卑屈な態度になってしまいます。 その、卑屈な態度が、女性に嫌われるのです。 顔に自信がない、身長が低い、髪の毛が薄い、太りすぎているそんな容姿のコンプレックスは女性に知られたくない気持ちは当然です。 しかし、容姿のコンプレックスを隠しても、女性に好かれなければなんにもなりません。 自分の、容姿のコンプレックスをいつまでも気にしていては、彼女を作ることはできません。 容姿のコンプレックスが自信を無くし、ネガティブな発言や行動となり全てがマイナス思考となり、女性からは根暗やムッツリスケベ―などと陰口を言われることになります。 考え方を変えて、自分の容姿のコンプレックスを素直に認め、ネタにして笑い話にするくらいの度量を持つと人生楽にポジティブな生き方ができること確信できます。 例えばお笑い芸人さんは、ご自分の容姿…

続きを読む