赤ちゃんに優しいベビーグッズ

現在、放映中の朝ドラ“べっぴんさん”は戦後の神戸を舞台にした子供服メーカーの“ファミリア”の創業者・坂野惇子さんをモデルにしたヒロイン「すみれ」の活躍を描くストーリーです。

hd1.jpg

会社経営者の父を持ち、裕福な家で生まれ育った「すみれ」が戦争で全てを失ったところから物語は始まります。

戦後の焼け野原の中で、すみれは子供服作りの会社を起業する。

すみれと、その周りに集まった仲間たちが心を込めて作るこだわりの子供服の品質はやがて世間に認められるまでになっていきます。

子供服メーカー“ファミリア”の沿革は開店2年後の1950年に株式会社ファミリアを創業して、「赤ちゃんのため」に徹底した商品づくりは世間の注目の集まるところとなり、創業1年目にして阪急百貨店へ直営店を出店するのです。

その評判はまたたく間に関東まで届き、東京の百貨店で子供服店を成功させ、ついには皇室御用達ブランド成長してゆくのです。

ファミリアが作る子供服の品質への徹底したこだわりは「愛情品質」と呼ばれ、現在もなお関西地方を中心に根強いファンを持っています。
坂野惇子さんは生涯にわたって赤ちゃんのデリケートな肌に優しい子供服を医学的見地に基づいて研究・開発を続けました。

当サイトでは坂野惇子さんのコンセプトにあやかり、赤ちゃんに優しく、母親の思いを形にした商品を集めてみました。
是非、ご参考にしていただければ幸いです。

赤ちゃんに優しい、ママに便利なうれしい商品です。
・北欧デザインまたはムーミンのデザインのベイビー用品
hd501.jpg
・当店の人気商品は、ベビーベッド、バウンサー、ベビーカーです
hd502.jpg
・抱っこひもの公式オンラインショップ ナップナップ
hd503.jpg
・特許申請中の助産師推薦の抱っこ紐、母子手帳ケース
hd504.jpg
・おしゃれで、エコで、体に良いもののベビー&キッズ用品
hd505.jpg



この記事へのコメント