視力の衰え・目のかすみの原因と対策

30歳以上の女性1万人を対象とした大規模調査で、各年代の女性が健康に関してどのような悩みを持っているのかがわかった。
30~70代女性の健康の悩みランキング10
•第 1位 肩凝り・腰痛がある
•第2位 太り気味
•第3位 視力の衰え・目がかすむ
•第4位 なかなか疲れが抜けない
•第5位 基礎代謝・新陳代謝が悪い
•第6位 内臓・皮下脂肪が多い
•第7位 便秘ぎみ
•第8位 足がむくむ
•第9位 頭痛がよくある
•第10位 寝つきが悪い・不眠

ここでは第3位の「視力の衰え・目がかすむ」について記載します。

視界の全体、もしくは一部がかすんだりぼやけたりすることをまとめて目のかすみといいます。その多くは、目を酷使しすぎたことによる目の筋肉の疲れや老眼によるものですが、疾患が原因になっていることもあります。

目を酷使したことによる疲れ目
パソコン、テレビゲーム、スマホを見続けることで、目の筋肉が疲れてピント調整機能が低下し、かすみが起こることがあります。また、度の合わないめがねやコンタクトレンズも目が無理にピントを合わせようとするため、目が疲れやすくなり、目のかすみを引き起こす原因になります。

目のかすみの原因となる主な疾患
加齢によって目のピント機能が衰える老眼は、誰もが避けては通れない道です。他にも、水晶体が濁ることで起こる白内障や、眼圧が上昇する緑内障、目の中心部にある黄斑部が変性する黄斑変性症などが目のかすみの原因となります。また、糖尿病の合併症である糖尿病性網膜症によっても目のかすみが起こります。

1.日常生活でできる予防法
こまめな休憩をとる
長時間にわたってモニターを凝視する仕事では、間に休みをはさみましょう。1時間ごとに約15分は目を休めて、目の疲れをとる体操やマッサージをしましょう。

2.パソコンやテレビと適正な距離を保つ
パソコンと目の距離は40cm以上、テレビでは1m以上離すようにしましょう。

3.室内の明るさを適正にする
室内が暗いと目が疲れやすくなります。とくに読書をしたり細かい作業をするときは部屋全体を明るめにするか、部分照明を活用しましょう。

4.目の体操をする
目の周りの筋肉を鍛えることは、疲れ目の予防になります。さらに老眼を遅らせる効果も期待できます。目に力を入れてギュッと閉じた後、閉じた目を大きく見開き、その後顔を動かさないように注意しつつ、目を八方にぐるりと回す体操を1日2分間ほど行いましょう。

5紫外線を防ぐ
水晶体は紫外線を受けることで、大きなダメージを受け弾力を失っていきます。白内障の予防や老眼を遅らせるためにも、UVカット効果のあるサングラスや日傘を活用しましょう。

対処法

◆目のサプリメント【ファンケルえんきん】日本初
ファンケルから待望のえんきん、 目のサプリメントで日本初の機能性表示食品です!!

◆視力回復「ピンホールアイマスク」の効果
着けるだけでメガネなしでもよく見え、目の疲れが取れ、1日3分で視力回復効果のある「ピンホールアイマスク」です。

◆小林製薬ブルーベリー&メグスリノ木EXの効き目
年齢にも、過酷な「見る環境」にも、負けたくない。 そんなあなたのクリアな毎日を ミックスベリー(6種のベリー)が応援します。

◆みやびのサプリ【ビルベリープレミアムα】でひとみくっきり
毎日をスッキリ!くっきり!ハッキリ!と送るため、ポリフェノール含有量が飛びぬけている 5つのベリーを厳選配合しております。

◆朝のルテイン&プラセンタ専門家の意見
ひとみのボンヤリ、ショボショボでお悩みの【78%以上】もの方が変化を感じたサプリメントです。

この記事へのコメント