年齢とともにスキンケアを見直す

スキンケアとは、すこやかな素肌を保つため、化粧水や乳液などの基礎化粧品を使用して、肌のお手入れをすることです。
皮膚を清潔にして、肌が乾燥したり、肌荒れしたりするのを防ぐことを目的とします。

■クレンジング
クレンジングの役割は、メイクや日焼け止めなどの油溶性の汚れを落とすことです。

■洗顔
洗顔の役割は、空気中のほこりや汗、皮脂などの水溶性の汚れを落とすことです。

■化粧水
化粧水の役割は、肌に保湿成分や美容成分を与えて、次に使う美容液やクリームをなじみやすくするために、肌を整えることです。

■美容液
美容液の役割は、それぞれの肌が必要としている美容成分を角質層に届けることです。
肌悩みに合わせて、しっかり選ぶことが必要です。

■乳液
乳液の役割は、水分と油分を補って肌を柔らげることです。

■クリーム
クリームの役割は、主に油分を補って肌を柔らげることです。
乳液よりも油分が多いので、油分が不足しやすい方におすすめのです。

自宅でのスキンケア|基本の方法について
■クレンジング方法(夜のみ)
目的は油性の汚れ(メイクや日焼け止め) を落とすことですので、メイクに合ったクレンジングを選びましょう!

■洗顔方法
洗顔料の「泡」は、大切なポイントです。
洗顔の役割は、皮脂や肌表面に付着したほこりや雑菌を落として肌を清潔に保つことです。また、顔に残っているクレンジング料もこのときに丁寧に落としましょう。

■化粧水でのスキンケア方法
洗顔後の肌は乾燥しやすい状態にあると言われているので、化粧水はできるだけ洗顔後すぐにつけるようにしましょう。
化粧水の役割は、皮膚にうるおい与えて肌を整え、次に使う美容液やクリームをなじみやすくすることです。

■美容液でのスキンケア方法
美容液を使用する際も化粧水同様に「適量」を肌にのばし、乾燥が気になる部分は重ね塗りしていきましょう。
美容液をうまく活用し、すこやかな肌を保っていきましょう。

■乳液orクリームでのスキンケア方法
乳液やクリームは自身の肌の乾燥度合いで使い分けましょう。
乳液は、水分と油分を適度に与え、クリームには油分で肌をベールのように覆ってうるおいを保ってくれる働きがあります。
自身の肌の状態に合わせて乳液とクリームは選びましょう。

■日焼け止め(朝のみ)でのスキンケア方法
日焼け止めは、量が少なすぎると本来の働きが発揮できません。適量(500円玉位)を塗りましょう。
日焼け止めは「SPF/PA値が高いから一日中安心」という訳ではなく、汗や摩擦で落ちてしまうため、どの日焼け止めでも塗り直しが必要です。

以上、スキンケアの基本ですが、もっと手軽に年齢肌に合った効果的な商品をご紹介します。

◆W美白シミケアセット! マルガレッタ定期縛りナシ

薬用オールインワンゲルと 薬用ナイトクリームとのセットとなっております。

◆薬用美白オールインワン「シズカゲル」肌悩み解決
しみ・しわ・たるみ・乾燥・肌荒れに美のプロによって開発されたました。

◆オールインワンゲル【DearGel】は1つで5役!
化粧水・乳液・美容液・クリーム・パックの5役を1つで補います

◆MMオールインワンクリームは忙しい朝にこれ1本
化粧水・美容液・乳液・クリーム・化粧下地がひとつになりました

◆PCCプレミアムジェルFは肌の”再生力”をサポート
発酵・熟成 国産馬プラセンタ原液は世界でたった1つの成分で肌の”再生力”をサポート

この記事へのコメント