便秘の悩み、女性の方が深刻なのはなぜ?

便秘とは1週間の排便回数が2回以下の状態と定義されることがありますが、排便回数の減少ではなく、便の性質(すくない、硬い、なかなか出ない、残便感がある)を主な指標として、便秘と表現することもあります。

特に女性に悩んでいる人が多いようです。
その原因として次の2点が考えらえます。
①女性の方が男性よりも骨盤が広く、腸が骨盤内に落ち込んで、たるみやすいため、便が大腸に滞留する時間が長くなり便が硬くなり、便秘になりやすい傾向があるようです。
②女性の方が腹筋や横隔膜の筋力が弱いために便を排出する力が弱いことも影響しているのでしょう。

排便のメカニズム

食べ物は口から食道、胃、小腸、大腸、直腸の順番に通ります。まず胃に食べ物が入ると、胃から大脳に信号が送られ、反射的に大腸はぜん動運動を開始します。大腸にはほとんど消化機能はなく、水分を吸収して糞便を作ります。小腸までに消化された1~2リットルのかゆ状の液体から、200~250mlの便が作られます。

この糞便は次に直腸に送られ、直腸内に溜まってくると圧が高まり、脳に「便が来た」という信号が送られるのです。この指令により便意が起こり、肛門括約筋の緊張を緩め、直腸のぜん動が強くなると排便が起きます。

便意があるのに排便を我慢することを繰り返していると、直腸内の圧が高まっても便意を感じなくなり、習慣性の便秘の原因となってしまうのです。


便秘の原因・種類
便秘には腸そのものに通過障害がある器質性便秘と、排便に関わる機能や自律神経に原因がある機能性便秘のふたつに大別されます。

■器質性便秘
便の経路である消化管(胃→小腸→大腸→肛門)に、物理的な障害があることが原因で起こる便秘。先天性のものと後天性のものに分けられます。

■機能性便秘
機能性便秘は、急性便秘と慢性便秘にわけられます。

急性便秘とは、一時的な便秘のことで、例えば、ダイエットを始めて急激に食事量が減ったり、水分摂取が減ったり、女性の場合は、妊娠したり、月経の前に発症する便秘です。この場合は原因が解消されることで自然に元に戻ります。

慢性便秘とは、比較的長期にわたって続く大腸の機能異常に基づく便秘のこと。慢性便秘は、さらに細かく次の3つに分けられ、ほとんどの便秘はこの中のいずれかに当てはまります。

1. 弛緩性便秘の症状
高齢者や妊娠経験者に多く、腹筋力の低下により、便を送り出す力が弱まり、腸の動きが悪くなることが原因で起こる便秘です。

2. 直腸性(習慣性)便秘の症状
便意があるのに排便を我慢することを繰り返すうちに、直腸が鈍感になってしまい、便が肛門の近くまで来ているのに、なかなか出せないといった状態になります。
3. 痙攣性便秘
日頃のストレスや睡眠不足等により、副交感神経の過緊張などが起こり、腸が過敏に反応し、痙攣した状態になって便の通りが悪くなることで起こります。便意は強いのですが、なかなか出すことができず、出たとしてもごく少量のコロコロとした硬い便であったり、残便感があったりします。


機能性便秘の原因
•繊維の少ない偏った食事もしくは小食、•便秘薬常用者、•加齢、•睡眠不足、•痔、•高血圧治療中、
•過敏性腸症候群•自律神経失調症•薬によるもの•甲状腺機能低下症•糖尿病•パーキンソン病•膠原病

便秘解消法
便秘を解消するためには、
→まずは自分の便秘の原因を知ること
→原因がはっきりすれば、損原因を除去する

便秘も例外ではなく生活習慣が大きく関わり、生活のリズムが崩れると便秘の症状として現れやすくなりますので、便秘を解消していくには生活習慣を見直すことが大切です。

1.食生活に気をつける
最も多く見られる問題は食物繊維の不足です。
不溶性の食物繊維は水分を溜め、便を軟らかくして腸の通過をスムーズにしてくれます。
また便のボリュームを増やして腸の蠕動運動を刺激します。
また、水溶性の食物繊維には、腸内環境を整える善玉菌を増やす働きがあります。
なるべく食物繊維を多く含む野菜・海藻・きのこなどを選んで、意識的に食事に取り入れるようにしましょう。
忙しくても朝食はしっかり食べるようにしましょう。

2.規則正しい生活を
睡眠不足などによる不規則な生活は、ストレスも多く、自律神経の乱れを引き起こしますので、便秘の誘因となります。
つまりは、睡眠を十分にとって規則正しい生活をすることが、便秘にならない方法のひとつといえます。

3.運動不足解消
便秘を解消するには、激しい運動は必要なく、ウォーキングでも十分に効果があります。
普段の生活の中で、なるべく歩く機会を増やしましょう。
運動不足は、血行を悪くし、筋力の低下を招きます。
普段から意識的に、腹式呼吸やストレッチを行うようにすると良いでしょう。

便秘を訴える人の大半は生活習慣やストレスが原因で起こる慢性便秘ですが、さまざまな病気か原因で起こる便秘があるということも確かです。

こういった生活習慣の見直しを行なっても、便秘が改善しない場合は病院に受診してください。

朝から旦那や子供の朝食の準備、子供を送り出し、自分の出勤準備など朝から大忙し・・・
もっと、手軽に効果的なことは無いのでしょうか?
という方のために調査しました。

便秘に効果的なもの
酵素:食べたものをすぐに消化して余計な物を残さない働きをします。
乳 酸 菌:消化後のお腹の中の環境を整える効果があります。
食物繊維:お腹の中をお掃除してくれます。
以上の成分をバランスよく配合された商品を選んでみました。>
是非、ご参考にしてください。
スマート菌活は1千億個の乳酸菌で、翌朝ドッサリ
いちずな酵素は笑顔と美しさをお手伝い
デイリーバランス『腸内フローラのバランス』に効果的
なかきれい酵素は老廃物を溜めないすっきりに効果
エンジェルオコレはトイレの恥ずかしい悩みを解決


この記事へのコメント