しみ、そばかすを消したい!

シミとソバカスは、非常に良く似ているお肌のトラブルですが、その違いは見た目も違い、原因も違いますので、当然対処方法も異なります。
ますは、よく理解して美肌対策を行いましょう。

シミ、ソバカスの種類について

1.「老人性色素斑」
これはメラニン色素を放出する組織であるメラノサイトの異常や老化によってメラニン溜まりが発生した状態で、多かれ少なかれ誰にでも起こる現象です。
しみは30代以降の方が出やすいお肌の症状で、紫外線がよく当たる箇所に現れます。
顔や手の甲に出来ることが多く、ホクロのように大小の大きさが異なり、1つだけ出来ることもあれば、いくつも現れることもあります。
個人差が大きいため、見た目の症状には色々な違いがあります。

2.「炎症性色素沈着」
ニキビなどが起こったときに問題となるのが「炎症性色素沈着」です。
これは文字通り強い炎症が起きたときに、皮膚が防御反応として集中的にメラニン色素を放出して起こる色素沈着です。

3.「そばかす」
そばかすは幼少期から肌に現れるため、5歳~6歳頃から、目の周りや頬にかけて細かな斑点があるのが特長です。

4.「肝斑(かんぱん)」
そばかすの症状とよく似ているお肌のトラブルに、「肝斑(かんぱん)」というしみが出来ることもありますが、肝斑は頬と目の周りにかけて左右対称に斑点が出来るのが特長です。

シミ・ソバカスが発生する原因の違いとは?

1.ソバカスの発生原因
そばかすは、遺伝的要素が大きく関わっている先天的な症状で、メラノサイトが刺激を受けやすく、色素沈着を引き起こしやすい体質の持ち主の肌に現れることが多いです。

2.シミの発生原因
しみは後天的な症状で遺伝ではなく、生活環境によって現れます。
ストレス、食生活、紫外線など、外部からの刺激により細胞がダメージを受け続けることでそばかすと同様にメラニンが過剰に生成され、しみの症状が現れるようになります。

3.メラニンについて
先天性・後天性の違いはあるものの、どちらも「メラニン」が褐色の斑点を生み出す原因となっているため、スキンケアによって症状を改善したい方は、メラニンが過剰に生成されてしまう原因を取り除く必要があります。

肌は通常28日周期で入れかわります。このターンオーバーがうまくいかないとメラニン色素がいつまでも肌の中に残ってしまいしみやそばかすになってしまいます。

しみ・そばかすに有効な予防・対策方法

しみ・そばかすは、いずれも過剰な「活性酸素」の発生が関わっています。
活性酸素は、紫外線とストレスによって発生しやすくなるため、活性酸素を抑えることが美白ケアに繋がります。
つまり、紫外線対策を行いストレスを解消することが予防・改善に効果があります。日頃から紫外線を浴びやすい肌は「UVケア」を施し、ストレスを溜めこまないための生活習慣を心がけましょう。

しみ、そばかすに有効な化粧品

次の2タイプがあります。

予防する方法

まだできていない、しみ・そばかすを予防するには「メラニン生成抑制効果」のある化粧品を選びます。
メラニンはチロシンというアミノ酸とチロナーゼという酵素が結びついて生成されます。そのチロナーゼの働きを抑制するものが以下のようなものです。
・ビタミンC
・アルブチン
・プラセンタエキス
・コウジ酸
・エラグ酸
・リノール酸
・ルシノール
などです。
またこれらは予防だけでなく長期的に使用することでできてしまったしみを薄くする効果も期待できます。

目立たなくする方法
次は既に、しみ・そばかすができているので目立たなくしたいという場合ですが、これらを薄くするには「メラニン還元効果」のある化粧品を選ぶようにしましょう。
・ビタミンC
・アルブチン
・ハイドロキノン
・エスクレシド
以上の成分が配合されている化粧品を選ぶことが大切です。
この中でも「新安定型ハイドロキノン」は皮膚科などでも使用されていて、しみを薄くできる唯一の美白成分として知られています。

ただ、ハイドロキノンを配合している化粧品を使ったあとで紫外線を浴びると逆にシミができやすいため、夜だけ使って朝きちんと洗顔して落とす、朝使ったら日焼け止めをしっかり塗るなど、注意して使ってください。
成分表をしっかり見て、自分の目的にあった成分が入っている化粧品を選びましょう。

目安にして欲しいのが医薬部外品として厚生労働省の認可がおりた化粧品はそれだけ効果が期待できますし、臨床的にも証明されているので安心して使用することができます。
しかしあくまでも医薬部外品です。
効果が期待できるだけであって必ず効果が出るわけではありません。なのでそのこと念頭において使用しましょう。
化粧品や人により効果が違ったり肌に合わないことがありますので、使用して荒れることがあればすぐに使用を停止しましょう。
1.「老人性色素斑」
これはメラニン色素を放出する組織であるメラノサイトの異常や老化によってメラニン溜まりが発生した状態で、多かれ少なかれ誰にでも起こる現象です。
しみは30代以降の方が出やすいお肌の症状で、紫外線がよく当たる箇所に現れます。
顔や手の甲に出来ることが多く、ホクロのように大小の大きさが異なり、1つだけ出来ることもあれば、いくつも現れることもあります。
個人差が大きいため、見た目の症状には色々な違いがあります。

2.「炎症性色素沈着」
ニキビなどが起こったときに問題となるのが「炎症性色素沈着」です。
これは文字通り強い炎症が起きたときに、皮膚が防御反応として集中的にメラニン色素を放出して起こる色素沈着です。

3.「そばかす」
そばかすは幼少期から肌に現れるため、5歳~6歳頃から、目の周りや頬にかけて細かな斑点があるのが特長です。

4.「肝斑(かんぱん)」
そばかすの症状とよく似ているお肌のトラブルに、「肝斑(かんぱん)」というしみが出来ることもありますが、肝斑は頬と目の周りにかけて左右対称に斑点が出来るのが特長です。

シミ・ソバカスが発生する原因の違いとは?

1.ソバカスの発生原因
そばかすは、遺伝的要素が大きく関わっている先天的な症状で、メラノサイトが刺激を受けやすく、色素沈着を引き起こしやすい体質の持ち主の肌に現れることが多いです。

2.シミの発生原因
しみは後天的な症状で遺伝ではなく、生活環境によって現れます。
ストレス、食生活、紫外線など、外部からの刺激により細胞がダメージを受け続けることでそばかすと同様にメラニンが過剰に生成され、しみの症状が現れるようになります。

3.メラニンについて
先天性・後天性の違いはあるものの、どちらも「メラニン」が褐色の斑点を生み出す原因となっているため、スキンケアによって症状を改善したい方は、メラニンが過剰に生成されてしまう原因を取り除く必要があります。

肌は通常28日周期で入れかわります。このターンオーバーがうまくいかないとメラニン色素がいつまでも肌の中に残ってしまいしみやそばかすになってしまいます。

しみ・そばかすに有効な予防・対策方法

しみ・そばかすは、いずれも過剰な「活性酸素」の発生が関わっています。
活性酸素は、紫外線とストレスによって発生しやすくなるため、活性酸素を抑えることが美白ケアに繋がります。
つまり、紫外線対策を行いストレスを解消することが予防・改善に効果があります。日頃から紫外線を浴びやすい肌は「UVケア」を施し、ストレスを溜めこまないための生活習慣を心がけましょう。

しみ、そばかすに有効な化粧品

次の2タイプがあります。

予防する方法

まだできていない、しみ・そばかすを予防するには「メラニン生成抑制効果」のある化粧品を選びます。
メラニンはチロシンというアミノ酸とチロナーゼという酵素が結びついて生成されます。そのチロナーゼの働きを抑制するものが以下のようなものです。
・ビタミンC
・アルブチン
・プラセンタエキス
・コウジ酸
・エラグ酸
・リノール酸
・ルシノール
などです。
またこれらは予防だけでなく長期的に使用することでできてしまったしみを薄くする効果も期待できます。

目立たなくする方法
次は既に、しみ・そばかすができているので目立たなくしたいという場合ですが、これらを薄くするには「メラニン還元効果」のある化粧品を選ぶようにしましょう。
・ビタミンC
・アルブチン
・ハイドロキノン
・エスクレシド
以上の成分が配合されている化粧品を選ぶことが大切です。
この中でも「新安定型ハイドロキノン」は皮膚科などでも使用されていて、しみを薄くできる唯一の美白成分として知られています。

ただ、ハイドロキノンを配合している化粧品を使ったあとで紫外線を浴びると逆にシミができやすいため、夜だけ使って朝きちんと洗顔して落とす、朝使ったら日焼け止めをしっかり塗るなど、注意して使ってください。
成分表をしっかり見て、自分の目的にあった成分が入っている化粧品を選びましょう。

目安にして欲しいのが医薬部外品として厚生労働省の認可がおりた化粧品はそれだけ効果が期待できますし、臨床的にも証明されているので安心して使用することができます。
しかしあくまでも医薬部外品です。
効果が期待できるだけであって必ず効果が出るわけではありません。なのでそのこと念頭において使用しましょう。
化粧品や人により効果が違ったり肌に合わないことがありますので、使用して荒れることがあればすぐに使用を停止しましょう。

ミルセリンホワイトNKBで黒色メラニンを無色化します
オールイン2BOXならシミとシワをたった2本でケア完了!

澄肌美白お試しセットでキメのととのった明るい印象の肌に
薬用マスターホワイトは医薬部外品の美白オイルバームです。
メディユース薬用Cプラホワイトニングの業務用は激安

この記事へのコメント