デリケートな赤ちゃんのお肌トラブルに

赤ちゃんや幼児の肌トラブルでお悩みのママへ

肌トラブルの原因
『清潔・保湿が出来ていない』、 『使っている石鹸(ソープ)の刺激が強い』
赤ちゃんは生後2~3ヵ月頃になると皮脂の過剰分泌が収まり、皮膚内の水分も蒸発して乾燥肌になりやすいのです。
赤ちゃんは新陳代謝も活発でありながら、大人と同じ数の汗腺を持っているから、汗かきで、「あせも」や「かゆみ」の原因にもなります。
そこで、石鹸やローションは「刺激性」「保湿」「肌を整える」が重要なので、
天然植物エキスや整肌ビタミンを配合した全身用の無添加ボタニカルベビーシャンプー(ベビーソープが最適です。

乾燥による赤ちゃんの肌トラブル対策にプルプルうるおいベビ肌へ!
「カサカサ、ブツブツ、ジュクジュク、カユカユ・・・・」
肌トラブルの原因は様々ですが、赤ちゃんのお肌のバリア機能が未熟であることが原因の一つです。
バリア機能が未熟な赤ちゃんはどうなるの?
皮膚の分泌が少なくなったり、摩擦など外部からの刺激が重なるとバリア機能が働かず、お肌は乾燥しがちになり、ちょっとした刺が肌トラブルにつながったりします。
それらのお肌の汚れをキレイに、清潔に保つために、ドルチボーレ ベビーソープでお肌の潤いを守りながら優しく洗ってあげてください。
 入浴後はお肌の汚れも落ち、清潔な状態なので、このタイミングで、ドルチボーレ ミルキーベビーローションで優しく、しっとりを保湿してあげてください。


赤ちゃんの肌トラブルに悩んでいませんか?

赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなのです。
赤ちゃんは小さな体に大人と同じ数の汗腺を持っていて、新陳代謝も活発なため、沢山の汗をかきます。
汗を沢山かくことは良いことですが、汗は「あせも」「かゆみ」などの肌トラブルの原因にもなります。
汗やお肌についた汚れをしっかりおとしてあげることでお肌を健やかな状態に保ち、常に潤っている状態に保ってあげることでトラブルに強い健やかなお肌へと導かれます。
赤ちゃんがつかうベビーソープは 【Dolci Bolle ドルチボーレベビーソープ】 で汗やお肌の汚れをしっかり落として、潤いを残してあげることが大切です。493

善玉菌はお肌のお友達!
特別なスキンケアをしなくても赤ちゃんや子供のお肌がキレイなのは善玉菌が活躍してくれているおかげなのです。
善玉菌が元気だと、雑菌の付着や増殖を防ぎ、紫外線などの外部からの刺激からお肌を守ってくれます。
けれど、市販のクレンジングやボディーソープでゴシゴシ洗い続けると、お肌の菌たちを洗い落としてしまいます。
良い菌がお肌から減るとお肌のバリアが壊れ、チョットした刺激も受けやすく、肌荒れの原因になります。
お肌のバリアをつくるには善玉菌による肌自身の力を発揮できる 「整菌ラボ」で菌を整え、潤う を手に入れられます。

あかちゃんのための国産オーガニックスキンケア
あかちゃんの表皮は大人の約半分。バリア機能が不十分なため外的刺激に弱く、 皮脂の分泌も不安定で、とてもデリケートなのです。
そんな繊細なお肌に直接使うものだからこそ、自然の恵みを最大限に生かすオーガニックの植物成分を採用しました。
純粋な植物本来の力と日本人の肌に合うバランスの良いナチュラル処方で、さらさらの髪とトラブルのないしっとりもちもち肌へ導きます。
産前、産後のママ・パパ・赤ちゃん・ 0歳時から使えるのでオーガニックの商品です。

国内のオーガニック認証を得た工場で作られる babybubaは、天然由来成分99%以上のフレッシュなオーガニックスキンケア ができます。

この記事へのコメント