禁煙 Proom Tech

私はヘビースモーカーではありませんが、約50年間、20本(日)の超愛煙家でした。


ところが、先日脳ドックの検査を受けましたところ、脳動脈虚血狭窄症と診断されました。


簡単に言うと、脳梗塞予備軍でしょうね! 即、どうこうなることはないのでしょうが、


・血液サラサラ薬を飲むこと!

・コレステロールをコントロールすること!

・禁煙すること


を言い渡され、上記2点は薬を服用することで、OKですが、3点目の禁煙を如何するかを散々検討した結果、電子煙草に変えようと決意し、電子煙草のことを調査・分析をしました。


主な電子煙草の特徴

1.EMILI電子タバコ

  リキット注入方式でリキットはニコチン・タールなどの有害物質なしのものもある。

emili.jpg

2.iQOS アイコス ホワイト 本体キット 電子タバコ

  本物のたばこ葉(別売「マルボロ ヒートスティック」)を加熱するから、たばこ本来

  の味と香りを楽しむことができます。

  火を使わない。灰が出ない。ニオイが少ない。空気を汚さない。革新のタバコ加熱

  システムです。

iqos.jpg

3.PloomTECH プルームテック

  火を使わない燃焼に伴う煙のにおいが無く、灰も出ないというJTが提案する新しい

  たばこスタイル!   JT(日本たばこ産業株式会社) 製品

proom.jpg


以上の商品ですが、

では、脳梗塞への影響で検討した結果、1,2,3いずれもOK

・火を使わない、煙の臭いがない、灰も出ないは1,2,3ともにOK

・肺がんなどの原因といわれるタールは1,2,3ともにOK


次に愛煙家としての満足度は2、3が適当と判断!

・1のリキットは香成分のみでニコチンは含まれていない物が多い


更にコスト面では3がベストと判断した。

・アイコスのヒートスティックは紙巻きタバコと同様に1本で平均10吸引/20本

 460円でコストは紙巻きタバコと同額です。

・プルームテックはタバコカプセル1個につき50吸引×5個で250吸引できます。

 1回当たり5吸引で済ませると、2.5箱分となり1カ月5520円で済むことに

 なります。


以上の検討結果に基づき、JTの公式サイトも検索してみましたが、ヒョットすると、と思い楽天を検索してみると格安の類似品があったの早速入手し、1カ月が経過しました。






一般の紙巻きタバコを買うこともなく、一応は満足しています。


この調子なら全くの『禁煙』も実行できそうな気がしています。

この記事へのコメント